1. (仮称)梅屋敷高架下第一事務所 A・B・C・D棟(開設予定時期:2019年4月)

インキュベーションオフィス

(仮称)梅屋敷高架下第一事務所 A・B・C・D棟(開設予定時期:2019年4月)

所在地
〒143-0015 東京都大田区大森西6丁目
アクセス
  • 京浜急行電鉄本線「梅屋敷」駅より徒歩2分

お問い合わせ・所在地はこちら

施設の特徴

梅屋敷高架下第一事務所イメージ

高架下にものづくり創業拠点が新しくオープンします。
2019年春、京急線大森町梅屋敷駅間にものづくり特化型インキュベーション施設として、コワーキングスペース、イベントスペースやシェア工房を利用できる創作拠点がオープンします。大田区の町工場が密集する本エリアは、近年デザイン力や発想力を持ったクリエイターが流入し、新しいものづくりのネットワークが形成されつつあります。本施設はこうした状況を最大化するため、蒲田でデジタル工房やシェアオフィスをはじめとするクリエイターの拠点づくりを行ってきた@カマタが主体となり、ものづくりを軸としたインキュベーションプログラムを有したコワーキング施設として活用します。

施設概要

梅屋敷高架下第一事務所イメージ

コワーキングスペースやイベントスペース、シェア工房を有した総面積約 470 ㎡の施設です。
個室、固定席、コワーキングエリアのほかに、シェア工房、キッチン、イベントスペースまたワークショップやイベント開催が可能な半屋外のオープンスペースを設けています。

施設運営者からのメッセージ

梅屋敷高架下第一事務所イメージ

施設オープンまでの期間に、次世代のものづくりを実践する方、地域の方など、誰でも参加できるオープンなイベントとして、2018年7月から「ラウンドテーブル」を定期的に開催しています。新しい技術やコラボレーションによって可能になる新たなものづくりのあり方を高架下から発信し、実際に意欲的なプロジェクトを創出していきます。2018年度は、全5回開催予定です。毎回、意欲的なものづくりを実践しているゲストを招待し、クリエイター、町工場の方、地元住民の方と、これからのものづくりのあり方や、新しくできる施設の将来像について議論していきます。是非ご参加ください。

PAGE TOP