1. 杉並区創業支援施設 阿佐谷キック・オフ/オフィス

インキュベーションオフィス

杉並区創業支援施設 阿佐谷キック・オフ/オフィス

所在地
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-47-17 阿佐谷地域区民センター1階
アクセス
JR中央線阿佐ヶ谷駅徒歩2分
WEBサイト
http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/shigoto/sougyou/1005229.html

お問い合わせ・所在地はこちら

施設の特徴

杉並区創業支援施設 阿佐谷キック・オフ/オフィスイメージ

杉並区において住環境と調和した業種の創業を促すことを目的として、創業を目指す方たは創業後間もない方を対象に事業立ち上げの困難な時期に事務所を低廉な料金で提供します。入居者の決定は、募集期間を設け、書類(事業計画等)及び面接審査によります。

入居期間中は、専門相談員(中小企業診断士)によるきめ細かな相談・アドバイスの実施により、開始初期の事業基盤の確立を支援します。

施設概要

杉並区創業支援施設 阿佐谷キック・オフ/オフィスイメージ

開設

平成15年2月

入居対象者

  • 新産業分野(先端的な産業、市場ニーズの広がりに対応する産業、地域再生の産業で、情報通信、アートクリエイト、環境、研究開発・知的集約、福祉・介護、健康、生活関連、その他サービスなど)において、創業を予定する者、若しくは創業後3年未満の個人または法人
  • 杉並区内において引き続き事業を行う意思を有すること
  • 総床面積:145.53㎡

室数

事務室 9(各約10㎡)

入居期間

2年間

利用条件

  • 事務所として利用すること(教室・講座等の会場や工場、倉庫等の利用は不可)
  • 法人の場合は本社として利用すること(営業所利用は不可)

施設運営者からのメッセージ

杉並区創業支援施設 阿佐谷キック・オフ/オフィスイメージ

自治体が設置する創業支援施設として、都内でも先鞭となり平成14年度に開設。入居開始から10年を経過し、これまで40を超える事業者が”卒業”し、それぞれ事業を拡大していっています。入居要件に、ここを“卒業”後も杉並に留まる意思があることを挙げており、審査においてもその点を重視しています。近年、杉並区の人口は増加を続け55万人超となっています。良好な住宅都市として、特に生活を支援する様々サービスへのニーズが見込まれます。入居者のお互いの交流と切磋琢磨、相談員のきめ細かなサポートで、杉並で事業を定着し発展していく礎を築いてください。

PAGE TOP