創業・成長支援プログラム

平成28年度採択事業

テーマ指定型スタートアップコミュニティを核とした、オープンイノベーション型新産業創造エコシステムの構築

Supernova(スーパーノヴァ)

事業者名
代表事業者:
スローガン株式会社
連携事業者:
株式会社Vilingベンチャーパートナーズ
連携事業者:
スパノバ株式会社

事業概要・特徴

Supernova(スーパーノヴァ)イメージ 2000億以上の新産業創出を行うスタートアップを支援するための起業家支援コミュニティSupernova(スーパーノヴァ)の運営を軸に、アーリー期以前のスタートアップ及びその支援者向けのメンターや投資家等のマッチング・リサーチサービス、事業会社とスタートアップ間のオープンイノベーション支援を行う。

運営母体として新興成長企業などグロース領域に対して、優れた人材輩出、ベンチャー投資を行ってきたスローガン株式会社と、教育領域に特化したシードインキュベーター・投資家である株式会社Vilingベンチャーパートナーズがおり、数多くのエンジェル投資家やVC等のサポーターが協力をしている。コミュニティには、支援先スタートアップには間接材購買に関する製造業向けプラットフォームサービスを提供する"Aperza(アペルザ)"や、植物工場のオペレーター事業を軸に次世代農業プラットフォームサービスを提供する"Farmship(ファームシップ)”、人工衛星の運用に利用されるアンテナのシェアリングを可能にするプラットフォームStellarStationを運営する"Infostellar(インフォステラ)"等の有望なスタートアップが数多く存在する。 創業予定期(一歩目を踏み出すために):創業セミナーに参加する。個別相談会に参加する。 創業期(ビジネス環境を整えるために):成功を知る創業者に学ぶ。広告のプロが販促を支援。 ミドルステージ以降(事業を成長させるために):モノづくりパートナーや仲間と出会う。 拠点となる物件を探す。

Supernova(スーパーノヴァ)イメージ Supernova(スーパーノヴァ)イメージ
ページの先頭へ