創業・成長支援プログラム

武蔵野市の創業・起業支援事業

むさしの創業サポート施設開設支援事業

支援概要
むさしの創業サポート施設開設支援事業 ・市内に新たな創業者を増やし、産業の振興や、地域の活性化を図ることを目的に、市内で創業を希望する者及び、創業後概ね5年以内の者を支援する者に対し、施設整備費、運営費の補助(女性を対象とする施設には増額)を行い、創業支援施設の開設をサポートする。平成28年8月に募集を行い、審査会の結果、次の4団体を選定した。平成28年度中に施設を開設した。
・武蔵境エリアに、同時に2組が使用できる シェアキッチン施設
・武蔵野中央エリアに、複数のシェアキッチン、飲食・物販が可能な施設
・吉祥寺エリアに、キッチンとフリースペース併設のコワーキング施設
・武蔵境エリアに、カフェ併設のコワーキング施設
WEBサイト
https://www.facebook.com/musashinosogyo/

ミニブルーム交流カフェ (情報交換会)

支援概要
ミニブルーム交流カフェ (情報交換会) ・武蔵野市内での創業を希望する方、創業に興味のある方の掘り起こし、及び利用者間のネットワーク作りを目的に、武蔵野市、多摩信用金庫、日本政策金融公庫の共催による情報交換会を開催する。二部構成。年2回(1回3時間程度)
(第1部) 多摩信用金庫または日本政策金融公庫の創業融資利者から、武蔵野市が希望する形で創業した方を講師として選び、先輩起業家として、創業のきっかけや失敗などの体験談を中心とした講演を行う。講師の属性や職種は毎回変更し、その都度テーマを設定する。
(第2部) 参加者同士が意見交換し、ネットワークを構築するための交流会を行う。
問合わせ先
日本政策金融公庫:0422-43-1151(三鷹支店)
多摩信用金庫(創業支援センターTAMA):042-526-7766
ページの先頭へ