ニュース・トピックス

企業庁、中小へ開発支出460億円 新規拡大で高水準維持

日刊工業新聞電子版
(2017/7/26 05:00)

  • 経済産業省・中小企業庁
  • 補助金
  • 創業支援・取組み
  • ベンチャー支援プラットフォーム

経済産業省・中小企業庁は25日、2017年度の国の研究開発予算のうち中小企業向けの支出目標額を、過去最高の16年度と同額の460億円に決定したと発表した。17年度は、創業10年未満の新規中小企業・小規模事業者の利用拡大を図る方針。関係省庁が連携して中小企業の技術革新を支援する中小企業技術革新制度(SBIR)に基づく特定補助金として活用する。

新規中小企業・小規模事業者の支出額については、17年度からその実績の明確な数字を把握する。補助金の周知が十分でなく、今後はセミナーなどを通じて情報提供する方針。また国などが主催する展示会へ新規企業が出展を希望する場合の審査にも配慮する。

補助金の申請手続きに関しても負担軽減。「ベンチャー支援プラットフォーム」を活用し、申請様式の共通化やデータベースの利用、オンライン申請を可能にするなど手続きの簡略化を目指す。

ページの先頭へ